今週のテーマは。。「膝をまっすぐあげてキープ」!

蹴る時は、上体を使わずに、股関節から動かして、膝をたたみまくって真上にあげる意識で。

上体の反動を使うと、エネルギーを無駄に使ってしまうし、なにより相手にバレます。上体の反動ではなく、床を全力で蹴ったらいいんです。勝手にヒザがあがります。

特に、ドリョチャギは、100メートル先の進撃の巨人に、膝にくくりつけられている太いロープをグイっと引っ張られる。イメージ。膝につられて腰も軸足も勝手にまわる。決して自分のチカラで膝をよいしょっと持ち上げるのではないし、腰を自分で入れるのでもない。軸足も、自分で返すんじゃない。膝に引っ張られたら勝手に返る。イメージ。

膝を、膝だけをまっすぐあげるのは、アプチャギ(前蹴り)はもちろん、ドリョチャギ(回し蹴り)も、ヨプチャギ(横蹴り)も、同様に。

チッキ(脳天蹴り)も同様だけど、初心者には難しいかも。。

蹴る時と蹴ったあとも、膝の位置はキーーーープ! (ヨプチャギを除く) キープできないとテコンドー式の美しい蹴りとは言えません。

本記事の写真は、この動画の、

https://www.youtube.com/watch?v=xuZLBgjOM1Y

アプチャギ蹴ったあとの状態。ヒザ下がってないですよね。素晴らしい

Follow me!